専門学校に通うのが一般的

メイクアップアーティストは、俳優や女優、モデルなどにメイクを施す仕事です。その人を美しく見せるためにメイクだけでなく、ヘアセットや着付けなどを行うこともあります。メイクアップアーティストになる一般的なルートは、専門学校に通うことです。その後プロダクションやサロンに就職する人が多いです。メイクアップアーティストになるために必ず必要な資格はありませんが、知識や技術なくしては就職するのは困難だといえます。国家資格である美容師の免許を取得してメイクアップアーティストとして活躍する人もいるほどで、さまざまな知識や技術を持っていると業界で活躍できる可能性が高まるといえます。

後悔しない学校選びは

メイクアップアーティストになるために専門学校を選ぶときには、まず学校の情報を集めましょう。パンフレットを入手したりホームページを見て、授業カリキュラムや入学方法などをチェックしましょう。通いたいなと思う学校をいくつか選んで比較してみるのがおすすめです。いくつか学校を絞ったら、実際にオープンキャンパスや体験入学に行って学校の雰囲気を味わいましょう。文字情報だけでは得られない学校の様子や授業風景を見ることができるからです。そして、重要なのは就職サポート体制です。就職率は高いかどうか、卒業生がどのような就職先に進んでいるかをチェックすることで、その学校のサポート体制や就職に強い業界を知ることができます。自分の希望する就職先や業界にOBやOGがいると、そこからつながりが生まれることもあります。入学してから後悔しないよう、しっかりと学校を選ぶようにしましょう。

メイクアップアーティストになるには、メイクの専門学校に行ったり、プロのアシスタントになる方法があります。