扱う種類は取引所によって違うよ!!一つに決めない方法も大事ですよ!!

取引所によって扱う種類が異なる

外貨取引をするとき、メジャーな通貨しか扱っていない業者とたくさんの通貨を扱っている業者を比較するでしょう。沢山扱っているところの方がよりいろいろな取引ができます。いくつもの業者で口座を作るのは面倒な時もあるので、一つで多くを補える業者の方が良いかもしれません。仮想通貨では取引所に口座を作って取引を行います。その時に業者をどう選ぶかですが、基準として扱っている通貨の種類が多いか少ないかがあります。日本の業者は多いところでも20種類ぐらいしか利用できません。少ないところになると数種類しか取引ができないので、かなり限られてしまいます。取引をしたい目的の通貨があるのであれば、その通貨が取引できる取引所を選ぶと良いでしょう。

一つだけでなく複数で口座開設する

かつては銀行口座は一つあれば十分でした。どの銀行でもサービスは変わらず、手数料も変わらなかったからです。しかし最近は金融の自由化が進み、各社で差が出ています。一つの口座だけではメリットが少ないので、複数の金融機関で口座を持つ人も多いはずです。仮想通貨の取引をするとき、どこで口座開設したらよいかを考えるかもしれません。管理がしやすいのは確かに一つだけ持つ方法になります。でも仮想通貨の取引所も業者によってメリットが異なります。通貨ごとにも手数料が異なるので、一つの業者でのみ口座開設するのはあまりよくありません。複数の取引所で持つようにすれば、よりお得に取引ができます。また、資産を分散できるのでリスクも軽減できます。

ビットコイン取引所の比較を行う為には、まずその取引所が取り扱っている仮想通貨がビットコインなのか、そこからフォークされたものか、或いは全く別の新しい仮想通貨なのかを詳細に把握しておく必要があります。