分散投資って絶対必要?目的に合わせて商品を選ぼう!!

分散投資がなぜ必要になるか

給料があればそれを生活費に使います。若いころは足りないときもあるでしょうが、しばらくすると残るようになります。残るときは使い切るのではなく、少しは将来のために残さないといけません。最も手軽なのは銀行の定期預金で、元本を減らさず資産を増やせます。しかし積み立てたお金以上には増えにくく、将来必要なお金を用意できないときもあります。株式等に投資をして運用をすると増やせる可能性がありますが、この時には分散投資をした方が良いとされます。投資先をいろいろ分けたり、投資する時期を分けたり、保有期間を分けたりがあります。一つの投資先に一時期に投資をすると、その影響を受けやすくなるからです。分散させれば、万が一に備えられます。

目的に合わせて運用商品を選ぶ

資産運用が必要な時、多くの人が選ぶ商品として銀行の定期預金があります。銀行は身近な金融機関で、口座を持っている人も多いです。特に何も調べなくてもただ預けるだけで利用できます。しかし金利が異常と言えるほど低く、ほとんど預けた額以上増えない状態です。預け入れた額だけで十分ならよいですが、足りないならそれ以外の運用商品を選ばなくてはいけません。資産運用での運用商品選びでは、目的に合わせて選ぶようにします。増えなくていいなら定期預金が良いでしょう。少し増やしたいなら国債や債券などなら多少利回りが高くなります。投資信託は、リスクとリターンによって商品選びがしやすくなります。株や不動産はリスクがあるものの大きく増やせる可能性があります。

原油の先物は投資する価値がありますので、投資家の中では必須の先物として扱われています。原油は需要が高い事が理由です。